What is JDRI?

Japanese Discourse Research Initiative

2人以上の話者による対話に表れる特性について研究している研究グループです。このWebサイトでは、談話・対話に関するアノテーションマニュアル、 アノテーションデータ、各種支援・分析ソフトウェアなどの研究資源を公開しています。

Applications

本研究の応用例

ロボット工学の分野で、人の会話特性をロボットに実装したり、福祉や医療の分野で、病気や障害をもった人とケアをする人との間の会話のズレを解明したり、外国語と日本語での会話の違いを明らかにして学習に役立てたり...といった応用例があります。

Let’s join us!

 学生募集中!

  • 会話の科学を学んでみたい
  • 会話のコーディングをしてみたい

そんな学生を募集しています。

Project

001. 発話連鎖プロジェクト

写真

本プロジェクトの目的は、2人以上の話者による対話において、(1)複数の発話からなる「発話連鎖」を体系的に記述するためのアノテーション手法を開発し、(2)「発話連鎖」が構成される認知・相互行為過程を実データの分析に基づいてモデル化することです。

続きを読む

002. 相互行為プロジェクト

写真

本プロジェクトの目的は、均衡性を考慮した大規模な日本語日常会話コーパスを構築し、それに基づく分析を通して日常会話を含む話し言葉の特性を多角的に解明することです。相互行為班では、日常会話コーパスを用いて、相互行為の中で文法が果たす役割を、英語会話などとの比較を通じて解明します。

続きを読む

003. 研究会情報

言語とコミュニケーションに関する有志の研究会を月一回開いています。場所は国立国語研究所と国立情報学研究所です。内容は、過去の研究会情報をご覧下さい。どなたでもご参加できますので、ご興味のある方はden[at]l.chiba-u.ac.jp([at]を@に置き換えて下さい)までご連絡下さい。

続きを読む